2020.05.22 前田エマさん なぜ人は「結婚」をするのか 前編 固定概念への疑問

なぜ人は「結婚」をするのか 本質を捉える前田エマの“疑問”たち

前田エマ

1992年、神奈川県出身。2015年春に東京造形大学を卒業。オーストリア ウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中から、モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、分野にとらわれない活動が注目を集める。
芸術祭やファッションショーなどにモデルや朗読者として参加、また自身の個展を開くなど幅広く活動している。

 

<結婚の形>
モデル、物書き、語り手、クリエイター。様々な表現法で世の中に想いを伝える前田エマ。27歳の彼女はこれまでの“当たり前”に疑問を投げかける。そんな彼女の目に、「結婚」というものはどう映るのだろう。

「今まで一度も結婚したいと思ったことはないです。結婚って、なんであるんだろうって。遠い昔は結婚って、子供を産むため、子孫繁栄が目的でしたよね。けれど結婚しなくても子供は産めるし、単純に子孫繁栄に勤みたいなら日本において当たり前な一夫一妻制っておかしなこと。だから結婚って、いつの時代に誰が始めて、なんでこんなにポピュラーになったの?って疑問がいっぱいなんです」。

だからといって、結婚をネガティブにも捉えていない。結婚をしたくないとも思わない。ただ、彼女にとって従来当たり前だった「結婚」は疑問だらけなのだ。その疑問を抱く原点となったのは両親だったという。

彼女は両親が、日本の制度上の入籍をしていないことを話してくれた。父親とは一緒に暮らしたこともないという。「側から見たら“家族”の形をしていないように見えるかもしれない。けれど、それで悲しい思いをしたこともないし、すごく愛されて育った。家族の仲もびっくりするほど良いんです。愛って見えないものだけど、見えるんだなぁって、感じるくらい」。

「結婚」という制度がなくても家族は作れる、家族を守れるということを身をもって体験してきた。「人によって程よい距離感って誰にでもあると思っていて、その距離があるからこそ大事にできたり、相手のことをちゃんと見れたりする。だから結婚制度も、もう少し種類が増えたり、フレキシブルなものがあってもいいような気がします」。

従来の結婚に対する考え方には、他にも疑問に思うことがたくさんある。彼女は東京造形大学に在籍中、ウィーンへ半年間留学に出た。そこでは30代、40代の人も学んでおり、自由な雰囲気が漂っていたという。

「日本で”大学生”というと20代のイメージが多いかと思うのですが、いくつになっても自分の心を豊かにしていくために学んだり、やりたいことが明確に出てきたからこそ学んだりするって、自然なことだなあって感動しました。多分、結婚も本来はそういうものなんだろうなって。何歳でしなくちゃいけないみたいなのって、あんまりないのかも。年齢と結婚を結びつけるって、少し暴力的なものがありますよね」。

今でこそ、年齢による“結婚の期限”という考え方を古い価値観だと感じる若者が増えている。とはいえ、様々な固定概念は私たちにも無意識のうちに住みついている。子どもを産むための結婚であれば、女性の体の仕組み上、若いうちに結婚した方が都合がいい。年齢を重ねるほど、妊娠できなくなる可能性が増えてしまうからだ。しかし、「子どもを産む=結婚じゃない。私は、子どもは欲しいので、そこにはタイムリミットがある。容易いものではないけれど、そういうタイミングや意思は自分で決めなきゃいけない。結婚と出産を結びつけて考えなくてもいい生き方がもっとあれば気持ちがいいのにと思います」。

「今の時代って結婚という制度より、“パートナー”と、どのように生きていくかの方が断然重要だと思っていて。相手を大事にできるとか、相手の夢を応援できるとか、その人がいることで自分がより頑張れるとか。そういうことの方が尊いこと」。
相手と自分がどのくらいの距離で立ち、未来に向かって歩んでいけるのか。これまでの“当たり前”の見方を変えてみたら、生き方までも変えていけるかもしれない。

 

後編はこちら

back to index

CATALOG & RING GAUGE

iwaigamiのカタログと指のサイズを簡単に計測できるリングゲージを無料でお届けします。

カタログを申し込む

MAIL MAGAZINE

iwaigamiの最新情報や会員様限定の情報をお知らせいたします。ぜひご登録ください。

メールマガジンの登録